【ROG STRIX SCOPE TKL】爆速スイッチ搭載の最新テンキーレスキーボード!ゲーム実況歴3年の僕がレビュー!

さく8です!

コスパ最高のテンキーレスキーボード「ROG STRIX SCOPE TKL」が発売されました!!

ROG STRIX SCOPE TKLは、超定番の人気メタニカルスイッチ、Cherry MXが採用されているにもかかわらず、価格は14,980円とかなりお買い得になっています!

 

今回は、コスパ最強、そして超かっこいいROG STRIX SCOPE TKLをレビューしていきます!!!

 

ROG STRIX SCOPE TKL

 

 

ROG STRIX SCOPE TKLは、ASUS(ROG)から2020年7月10日に発売されたゲーミングキーボードです!

今回ご紹介するROG STRIX SCOPEはTKLですが、テンキーレスタイプ以外にもフルサイズモデルが出ていたり、メカニカルスイッチも銀軸か赤軸かどちらか選べるといった、選択の幅が広いキーボードになっています!

 

また、表面はアルミ加工がされているため、他のキーボードとは一味違う高級感も、このキーボードの魅力だと感じています!!

 

Brand ASUSTek
Cherry MX
軸種類 銀軸・赤軸
AURA SYNC対応 対応
サイズ(mm) 356mm x 136mm x 40mm
重量(g) 870g
発売日 2020/7/10
Amazon価格(2020年7月14日時点) 14,980円

 

 

メカニカルスイッチ

ROG STRIX SCOPE TKLはメカニカルスイッチに信頼と実績のあるCherry MXが採用されています!

Cherry MXは、だいたい2万円以上するものがほとんどなので、この価格で使えちゃうのは結構嬉しいですよね。

 

しかも、ROG STRIX SCOPE TKLは、メカニカルスイッチが銀軸と赤軸から選べます。

銀軸 → ゲーマー向け。反応速度に優れたキースイッチ。

赤軸 → 普段使い向け。文字を正確に打ち込みやすいキースイッチ。

ゲームをするなら、銀軸一択でいいと思いますが、ゲーミングキーボードには憧れるけど、ゲームはしないっていう方なら赤軸を選ぶといいんじゃないかと思います!!

 

では、メカニカルスイッチの具体的な性能も見ていきます!

 

アクチュエーションポイント ストローク 押下圧
銀軸 1,2㎜ 3,4㎜ 45g
赤軸 2㎜ 4㎜ 45g

 

具体的な性能面を見ていくと、押下圧(キーを押す際に必要な力)はどちらも一緒ですが、アクチュエーションポイントやストロークは、やはり銀軸が優れています!!

ただ、用途に合ったものを選んだ方が良いので、文字を打つだけでしか使わないなら赤軸の方がよいかと思います!

利用するシーンに応じて、軸を選んでみてください!

 

ポイント

 

アクチュエーションポイント → 内部のスイッチがOFFからONへ切り替わるポイント

 

ストローク → キーが沈み込むまでの深さ

 

 

ASUS Armory Crate

 

 

ROG STRIX SCOPE TKLは、ASUSの専用ソフト「ASUS Armory Crate」を使うことで、細かいカスタマイズができます!

機能の割当てやライティングなどゲームをする方ならやっておきたい設定の変更は、ASUS Armory Crateから変更が出来ます!

こちらに、DLやDLまでの流れが記載されているので、参考にしてみてください!

 

ASUS Armory Crateを使ってできることをまとめると、

・ゲームモードの設定
・機能の割り当て
・ライティングの変更
・Aura Sync

ですね。

それぞれご説明していきます。

 

ゲームモード

ゲームモードを使用することで、ゲーム中に誤爆しやすいボタンを一時的に使えなくすることができます!

ゲーマーには欠かせない機能ですね!

 

機能の割り当て

各キーに好きな機能やショートカット、テンプレートを割り当てることができます!

お好みのキーに「ありがとう!」とテンプレート設定することで、手間なく文字を打ち込むことができます。

 

ライティングの変更

ROG STRIX SCOPE TKLのライティングは、デフォルトがレインボーになっています!

そのままにしていても十分かっこいいんですが、お好みのカラーに設定したりできます。

 

Aura Sync

こちらは、ASUS製品をたくさん持っている方向けの設定になります!

Aura Syncを使うことで、他のASUS製品とのライティング設定を同期させることができます!

 

デザイン

ROG STRIX SCOPE TKLの高級感のあるかっこいいデザインを見ていきましょう!!

ほんと性能面も十分すぎるのに、この価格で高級感をだされるとすごくお買い得に感じます!!

 

▼正面から!

 

▼ROGのロゴがかっこいい!

 

▼虹色のライティング最高!

 

▼付属品にケーブルと説明書もついてきました。

 

YouTubeでもレビューをしているので、「動画の方が楽」っていう方は、こちらから見てみてください!

 

 

使用感

 

 

実際に使ってみた使用感をお伝えしていきますね!!

 

銀軸は反応速度が早くめちゃくちゃ使いやすかったです!

やっぱり銀軸は、赤軸やそれ以外の軸と比較しても、少し早く動けるのでゲームをする際に有利に戦えます

また、銀軸は反応速度が速い代わりにタイピングする際に誤爆することが多いイメージがあったんですが、ROG STRIX SCOPE TKLの銀軸は全く誤爆することはありませんでした!!

ゲーム以外でも普通に使えるのはありがたいですね。

 

ROG STRIX SCOPE TKLは万能なバランスタイプな印象です!

正直なところをお伝えすると、カスタマイズ特化型のロジのG913や反応速度特化型のSteelseriesのApex Proと比較してしまうと、それぞれの分野で負けてしまいます。

ただ、どちらもそれぞれの分野に特化しているため、どうしても価格が3万円近くと結構高いんですよね!

 

ROG STRIX SCOPE TKLは、特化型とまではいかなくても、

・専用ソフトで細かいカスタマイズが可能

・アルミがかっこいい

・銀軸なら、反応速度も充分

なので、性能面・デザイン面も優れていてめちゃくちゃコスパのいいテンキーレスキーボードだと感じました!

 

まとめ

 

 

ROG STRIX SCOPE TKLは、信頼と実績のあるCherry MXが採用された万能なキーボードでした!

特化型ではありませんが、デザインや反応速度などすべてにおいて不満はなく、まさに優等生のようでした。

 

ゲーミングキーボードが欲しいけど、コスパも重視している方におすすめです!!!