【実況初心者必見】ゲーム実況者が教える最初に必要な機材をご紹介!【実況歴3年】

さく8です!

ありがたいことに今年の6月でYouTubeのチャンネル設立から3年が経ちました!

 

YouTubeの活動をしていると、「今から、実況や配信を始めたいけど何から揃えればいいのかわからない」っていう方の声をたくさん耳にします。

 

ただ、僕や周りの実況者さんが今使っているものを全部お伝えしても

「高くて買えない」

「広告費用が入るまでは買えない」

という方も多いと思います!(当たり前)

 

しかし、そういった方にはじめにお伝えしておきたいのは、最初から機材にこだわっている方のほうが伸びが早いということです

 

今回は、実況で結果を出すために最低限必要な機材についてお伝えしていきます!!!

*価格は、2020年5月28日時点のものです。

 

YouTubeの動画でも同じ内容をお話しています。マイクテストやマイクアームの組み立てなど動画の方が分かりやすい部分もあるので、気になる方は動画の方も是非見てみてください。

 

結果を出すために必要なもの

 

実況歴3年以上の僕がYouTubeでの活動を行ってきて、実況活動(配信)に最適限必要だと思ったものは、

・キャプチャーボード

・コンデンサーマイク

・マイクアーム(できれば)

の3つです!

 

それぞれ必要な理由と充分な性能のものをお伝えしていきます!

ゲーム実況するためのハードやソフトは持っている前提になります。ご注意ください!

 

キャプチャーボード

 

 

キャプチャーボードというのは、テレビゲームの映像や音声をPCに出力してくれる役割の機材になります!

 

PS4のゲームはSHARE機能を使えばすぐ実況ができますが、SHARE機能だけだと、1080pでも画質や音があまり良くありません!

それをキャプチャーボードが解決してくれます!!

 

つまり、キャプチャーボードがあれば、綺麗な映像で配信することができます!

PS4やSwitchで配信する人は、必ずキャプチャーボードを使いましょう!

また、パソコンで配信をする方はキャプボがなくても配信可能ですが、PCの負担を軽減するために2PC配信という方法もあるので、持っていて損はないと思います!

 

キャプチャーボードのオススメは、Elgato HD60(28,799円)です!

 

 

コンデンサーマイク

 

 

配信活動ではキャプチャーボードがもちろん重要なんですが、僕が一番大事だと思っているのがマイクです!!

というのも、実況者(配信者)というのは、僕みたいに顔を出さなければ、声だけが相手から見える「特徴・性格・表情」になるからです!

 

ヘッドセットマイクだと音がこもってしまいますし、マイクの音が悪いとその時点で聞こうと思えないなんてことも起こります。(もちろんマイクだけが原因ではないですが!)

そうなってしまうのはとてももったいないので、マイクにはこだわりましょう!!!

 

安くて高性能なBlue Yeti(25,800円)が超オススメです!

 

 

Blue Yetiは、コンデンサーマイクと言って、息づかいや通常拾いにくい音なども綺麗に収録できる感度の高いマイクです。

実況(配信)している人の多くがコンデンサーマイクを使っています。

ただコンデンサーマイクだけあっても使うことが出来ず、一緒にオーディオインターフェースも必要になってきます。

 

しかし、Blue YetiはUSB接続のマイクということで、オーディオインターフェースは必要なく、マイク単体で実況できるのも強みです!!

 

マイクアーム

 

僕が配信活動で一番大事だと思うマイクですが、マイクと配信者との適切な距離があります!

 

マイクは遠すぎると声を拾いづらいですし、近すぎても駄目です。

 

さっきご紹介したBlue Yetなんかも適切な距離に置けば全然問題ないんですが、「デスクの構造上置きづらい」とか「マイクが大きすぎて邪魔」っていう方は、マイクアームも一緒に買いましょう!

3,000円や4,000円のマイクアームだと、マイクが重すぎて落ちてきてしまうこともあるので、ちゃんと使えるものをご紹介します。

 

 

これ26,800円するんですが、Blue Yetiマイク + 純正マイクアームがついてきての値段なのでめちゃくちゃ安いです!!

僕も実際に使ってみて、マイクの音質やマイクアームの頑丈さを実感しています。

上の動画で、実際にマイクテストやマイクアームの組み立てをしているので、気になった方はぜひ音を体感してみてください!

 

おまけ

 

周りと差をつけたい人や、顔出しで活動していきたい人には、ウェブカメラもオススメします!

最近顔を出しての活動が、海外では人気になってきています!

僕のオススメは、ロジクールのウェブカメラ(16,940円)です!

 

 

これもカメラだけでなく、三脚も一緒についてくるコスパに優れたものになっています。

上の動画で実際に撮影してどんな風に映るのか見られるので、気になる方は是非チェックしてみてください!

 

まとめ

 

 

今回紹介したのは、僕が3年以上YouTubeの活動をしてきて、実況に最低限必要だと思うものでした!!

 

もちろんここでご紹介したものではなく、ヘッドセットマイクで実況をすることは可能です。

しかし、配信活動をする上で重要なのは、「相手が自分の大事な時間を使ってでもまた見たい」と思うかどうかだと思います。

 

今回ご紹介したものはどれも実際にたくさんの実況者の方々も使っているものです。

また実況や配信をこれから頑張りたいっていう人に、心からオススメできるものしか載せていません。

 

是非参考にしてみてください!!!